複雑な不動産競売の調査・入札の代行を致します。
不動産競売とは  →競売物件の閲覧はこちら
不動産競売とは、ローンなど債務返済が不能となった場合、債権者の申し立てにより裁判所が不動産物件を差押さえし、抵当権の実行により物件を売却し、債務返済にあてる手続きです。通常競売物件は市場価格の30%〜40%くらい安い価格で最低売却価格が設定されており、裁判所での入札により最高額で落札した方が所有権を取得するシステムになっております。裁判所との取引となりますので安心して手続きを行うことができます。
※最近では個人でも競売へ参加する方が増えていますが、粗悪な物件を入札・落札など等のトラブルもあります。
お客さまに安心してご購入頂くためにも、(有)大竹屋不動産にお任せください。


■不動産競売のメリット■

1. 市場価格より安い!
市場価格より30%〜40%くらい安く購入出来る場合もあります。これが何といっても競売の魅力です。予算的に難しく諦めていた地域でも、購入可能になる事もあります。また、物件自体高額なものですから金額的に大きな差が出ます。また、消費税がかかりません。

2. 裁判所が職権により抵当権等を抹消してくれる
抵当権等がついた物件であっても、裁判所側で全て抹消します。その他、複雑な権利関係も全て整理・抹消され、落札すれば間違いなく自分の所有に移ります。

代行サービス内容
(有)大竹屋不動産では豊富な知識及び経験で、お客さまの条件に見合った競売物件探しから、調査・入札まで責任をもって行います。 お忙しい方だけではなく、安心してご購入頂くためにも、是非(有)大竹屋不動産にお任せ下さい。 相談・質問の方は無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください。